スポンサーリンク

【退職代行NEXT】今すぐ辞めたい!退職代行を使うなら弁護士がいるサイトを選択するススメ、一度も会社に行かずに退職も可能!

退職代行とは?どんなサービスなの?金額は?どこまでやってくれるの?notes

転職などをする際に今の職場の退職が一番神経を使うところだと思います。

昨今の社会問題でもあるハラスメント問題(パワハラ、セクハラ、モラハラ等)

こういった問題を抱えた企業であればなおさら退職の意思を伝えるのが難しいですよね。

会社が取り合ってくれないんじゃないか、給料が減らされるんじゃないか、転職に不利な退職理由にされないだろうか等

そのような事例で利用をおすすめしているのが“退職代行NEXT“です。

なんと業界で最安値の3万円で退職までサポートしてくれます!

本人に代わって会社に退職の意思を伝えて退職までサポートしてくれるサービスになります。

現在多くの退職代行業者が有りますが、中には弁護士がいない退職代行業者も多くいます。

弁護士のいない退職代行業者の場合、退職作業中に不利になってしまう場合もあるので必ず“弁護士のいる”退職代行業者を利用しましょう。

その為のノウハウを教授致します。

【退職代行NEXTとは?】

退職代行NEXTとは退職者本人に代わって会社に退職の意思を伝えて退職までサポートしてくれるサービスになります。

・退職をしたいけど退職がさせてくれない!

・パワハラなどが横行していて退職を言い出せない!

・引き止められてしまいずるずると仕事をしてしまっている!

など《退職したいけど退職出来ない》と悩んでいる方のためのサービスになります。

【退職代行NEXTのサービス】

・欠勤・退職意思の伝達

・退職日の交渉

・有休消化の交渉

・引継ぎに関する交渉

・私物の引き取り

・貸与品の返却の連絡

・離職票の発行依頼

退職代行の流れは?

  1. お電話、メール、LINEで無料相談
  2. 支払い
  3. 委任契約書締結
  4. 退職代行の実施
  5. 退職完了
1.お電話、メール、LINEで無料相談

お問い合わせフォームから相談OK!

今のお悩み状況などを相談していただき、説明してもらいます!

2.支払い

ご相談いただいた内容で納得したら、費用の入金!

金額は30,000円(税別)になります!

3.委任契約書締結

メール・LINEで委任契約書等が送られてきます!
WEB上でサインし、締結できるので簡単です。

4.退職代行の実施

指定の日時に退職代行を実行!
退職手続きが完了するまで、会社とあなたの間を、回数無制限で責任を持って最後まで対応してもらえます!

5.退職完了

新たな人生のスタートになりますね!

【弁護士の“いる退職代行”と“いない退職代行”がある】

現在多くの退職代行業者が有りますが大きく分けて

1.弁護士の“いる”退職代行

2.弁護士の“いない”退職代行

が有ります。

基本的には弁護士の“いる”退職代行を選ぶのがベターです。

退職時には予期せぬトラブルが起きる場合があります。

残業代未払い、退職金関係、不当解雇処分等が多いとされています。

弁護士法により、報酬をもらって業務行為として法律事務を行うのは弁護士のみとされている為、弁護士のいない代行業者では請求が出来ません。

その為安心して退職をするためには弁護士の“いる”退職代行を選ぶ必要があります。

退職代行NEXTは弁護士事務所の《豊楽法律事務所》がサポートしているので安心してください。

【退職代行NEXTを利用するメリットは?】

・LINE、電話だけで連絡OK

退職代行NEXTではLINE、メールであれば24時間受付OK、電話の場合は平日9時〜19時まで受付可能です!

・100%退職することが可能

今まで退職出来なかったケースは無いようです!

・退職をする際に気持ちが楽

退職をするのに一番体力を使うのは「退職します」と伝えるところ、しかもおそらくこのページをみている方はこの言葉を言い出せない状況、環境なのだと思います。

この部分をクリアできるのが退職代行の1番のメリットだと思います。

・即日退職可能

民法上退職は2週間前に申し出をすればOKなので有給が2週間以上残っていれば、退職代行NEXTがあなたの会社に連絡をした時点でもう会社へ行かなくても大丈夫です。

・退職金、未払い給料、残業代等も対応可能

弁護士のいる退職代行NEXTであれば交渉が可能です。

弁護士のいる退職代行なの法的事務を含み、幅広く対応が可能!

もし退職時の不都合など何かあっても対応してくれます!

基本的に弁護士がいる時点で嫌がらせなどをしてくる会社も無いとは思いますが、非常に心強いですね。

【退職代行NEXTを利用するデメリットは?】

・円満退社は難しい

会社の人間としてはある日突然退社をしてしまうわけであって中々円満退社というわけにはいきません。

退職の最終日に引き継ぎなどをメールで送っておく等をしておけば良いかもしれません。

・お金がかかる

退職代行NEXTでは30,000円(税別)がかかります。

ですが他社が30,000円〜50,000円なので安いです。

弁護士がいる退職代行であれば一番安いのではないでしょうか。

【こんな場合はどうなる?】

・会社から訴えられることはある?

退職をする際に明らかな損害がある場合は可能性はあります。

ただほとんどの場合は訴えられることはありません。

弁護士がいますのでもしもの時は相談をするとしっかり対応をしてもらえます!

・有給が残っている場合は?

有給は取得可能です!

ごく稀に「有給は会社都合でずらすことが出来る!」という会社もあるのですが、ずらすことは出来ますが取得を拒否することは出来ません。

退職の場合、退職日以降は有給の取得が出来ないので実質ずらすことは不可能で取得出来ます。

・会社の職務規則で退職は1ヶ月前に申告が必要とあるのですが?

民法では14日となっていますので14日で可能です。

職務規定よりも民法の方が優先されるので“有給が14日以上”あれば退職を申告後、出勤する必要がありません。

・離職票や源泉徴収票の発行は出来ますか?

可能です!

通常であれば特に申告がなくても郵送されてきますが、郵送が無い場合は退職代行NEXTさんに連絡をすれば大丈夫です!

【退職代行NEXTの利用方法は?】

・問い合わせ先

利用方法はコチラから問い合わせをするだけでOK!

・支払いは3万円のみ!

退職代行NEXTは退職完了まで3万円(税別)で大丈夫です!

まとめ

現在退職代行業者は本当に多く存在しています、本当に信頼の出来る退職代行を探すのは大変です。

信頼を図ることは難しいですが“弁護士のいる退職代行”それだけで他の退職代行よりも一歩先をいく信頼だと思っています。

過労死等も社会問題になっている昨今で、今苦しくてどうしようも無いのであれば、“逃げる”ということも必要であり決して恥ではありません。

ただ仕事をバックレると後の処理が大変であり、あなたの再就職にも影響が出る場合もあります、しっかりと手順を踏んで退職をしましょう。

そのために退職代行というサービスがあります。

それではまた!

コメント